家

刺激しないようにハチ駆除をするのは至難の業

専門家に依頼するべき害虫

蜂の巣

方法は種類で異なる

蜂の大群に襲われたというニュースが毎年のように流れますが、今や他人事ではないと認識するべきでしょう。これは蜂が環境に適応できる力を備えているためで、都市部でも遭遇するシーンが増えているのです。例えば最も危険とされるスズメバチは、黒色の物体に対する攻撃特性があり、髪の毛や衣服の黒色の部分を攻撃します。もし、知らずに蜂の巣退治に乗り出した場合、大群に囲まれて危険な状態に陥るでしょう。個体が数匹だからと侮らず、蜂の巣撤去と退治は専門業者に任せます。蜂にはスズメバチやアシナガバチといった種類があり、性格や巣の大きさなど異なる部分が多いのです。また、自治体によっては補助制度や駆除用具の貸出しを実施しているため、専門業者に相談すると一気に解決します。

安全で確実なプロの技

国内で蜂が急増したという事実は確認されていませんが、被害は増加傾向にあるといわれています。住宅や施設など人間の生活圏内で蜂の巣が作られるようになり、刺される確率が高まっているのです。1匹がウロウロと飛んでいるだけでも恐怖ですが、退治で優先すべきは蜂の巣でしょう。知らずに近づいただけで攻撃対象とされてしまい、大群に囲まれて命にかかわるようなトラブルも発生しています。蜂の巣と個体の退治は個人でも実施されていますが、あまりにもリスクが大きいため、専門業者への依頼が安全で確実です。蜂退治は前後の処理が重要であり、中途半端な知識と経験で達成できるものではありません。プロと呼ばれる専門業者は、退治の対象となる建物だけではなく、周囲の安全を確保するためにも選ばれています。