家

刺激しないようにハチ駆除をするのは至難の業

危険ですので専門業者へ

住宅

十分に気をつけましょう

冬の間は姿も見なかった虫たちが、春になるとどこからともなく現れ、陽気に飛び回るようになります。咲き乱れる花の中を飛び回る姿は、のどかな様子でもありますが、庭や軒先で大きなハチを見かけたら注意しなければなりません。黒と黄色の縞模様が特徴の怖いハチと言えばスズメバチですが、やや攻撃性は低いものの注意しなければいけないハチがアシナガバチです。巣を作り群れを成すハチは、繁殖のため夏から秋にかけて特に気性が荒く攻撃的になっていきます。もしも春先に、軒先や庭、子どもたちが遊ぶ公園などで小さな巣を見つけたら、かわいそうですが早めに取り除いた方が良いでしょう。アシナガバチ駆除は、巣が小さなうちなら素人でも可能ですが、働きバチの数が増えて群れが大きくなると危険度が上がりますので、専門業者に依頼することをおすすめします。

業者の作業はどんなもの

軒先や物置、庭先などにハチが飛び回っていると、何かの拍子に刺されることもあります。実際に、洗濯物について屋内に入れてしまい刺されたり、庭で作業をしているときにうっかり巣に近づいて刺されたりといった事例が起きています。アシナガバチ駆除を自力で行えるよう、スプレー剤や捕獲器、誘引剤などが市販されていますが、確実に巣を撤去しハチが戻らないようにするためには、巣の至近距離に近づかなければならないこともあります。性質をよく知らずにアシナガバチ駆除を行おうとすれば、群れに刺されてショック症状が起きることもあるため、専門業者に依頼したほうが安心です。アシナガバチ駆除の専門業者では、電話連絡を受けて現地調査を行い、作業内容を説明してから施工を開始してくれます。問い合わせの際に流れを確認しておくとより安心できます。屋根裏や物置の天井など、処理が難しいところでも依頼できるのは頼もしいですね。